第1回「輝く!Jリーグマスコット大賞」

マンチェスター・ユナイテッドの香川は、日本時間昨夜の試合でケガから復帰していきなりのスタメン。まあいいパフォーマンスだったと思うが、バイタリエリアやペナルティエリアの中でボールを受けた時に、シュートにせよクロスにせよ、相手ディフェンダーにぶつけてしまうシーンが少し目について…ドルトムント時代にはもっと短いドリブルや揺さぶりが入っていたと思うんだが、、、これからだけどね。


メディアの採点は何だかとても高いが、まぁご祝儀採点なのは間違いない。ピッチから下がる際の観客からの歓声はこれは凄かったが、それだけ期待感がるわけで、やって見せないといけないよね。
今日は、日本ナントカ大賞ではなく、第1回「輝く!Jリーグマスコット大賞」の発表の日。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00148533.html (J’s GOAL「【第1回 輝く! Jリーグマスコット大賞】各賞の受賞マスコットを発表しました!」)
ちょっとイマイチな感じだけどね…もっと面白くできるだろ。
Jリーグの移籍市場もいろいろ動きが連動してきて、FC東京の梶山がギリシャに行くとなったところで大宮アルディージャの東がFC東京に、そして大宮アルディージャには横浜F・マリノスの狩野が移籍するという玉突き移籍。そういう玉突き移籍が見られるようになったのも、リーグとしての1つの発展形の表れだと思うんだが。今シーズン、J2のヴァンフォーレ甲府(そしてヴァンフォーレ甲府は来シーズンはJ1)でプレーしたダヴィが、複数チーム争奪戦の末に鹿島アントラーズに。鹿島アントラーズの興梠が浦和レッズに、今移籍市場の目玉だった京都サンガFCの中村充孝は、ジュビロ磐田と思われていたのが鹿島アントラーズに。なかなか興味深い。そうこうしているうちに、かつてJリーグで活躍したバレーが清水エスパルスに。ダヴィ、レアンドロに続き、Jリーグからカタールに移籍して行った選手がまた戻ってくる。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031      

 2024年07月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  6. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  7. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. Jリーグ、2026年上半期「0.5シーズン」は新大会(?)(2024.05.09)
  10. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  11. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  12. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  13. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  14. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  15. 何故にアジアカップはユーロと同様6月開催じゃないのかって???(2024.01.03)
  16. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  17. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  20. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ