2023年Jリーグ基準を見せた好試合…ヴィッセル神戸と横浜F・マリノス。

昨夜のヴィッセル神戸と横浜F・マリノスの一戦は、昨日のナイトマッチはこの1試合のみでNHK-BSでライブ中継もあった中、ハイプレスの応酬とインテンシティも高く、フルタイムの緊張感ある好試合。
試合の方は2-0でホームのヴィッセル神戸がリードしたものの、前半のうちにマリノスが同点に追いつき、後半立ち上がりに大迫のこの日2ゴールめが決まったと思われたがVAR介入でオフサイドの判定でノーゴール、、、終盤にマリノスがタッチライン沿いで囲んでボールを奪い取り、クロスから下がりながらのヘッドを捻じ込んで逆転勝利となった。

いつまでもポゼッションとショートパスに拘らず、ハイプレスから、あるいは最終ラインからのフィードも交えながら縦に速くフィニッシュにもっていくフットボールは今日の世界的潮流でもあろう。
両クラブはそうした2023年のJリーグのスタンダードと言うべきフットボールを見せたと言えるだろう。

ただま、ちょっと惜しい部分が幾つか。。。
1つは、海外クラブの試合を見ていれば気づくことだが、ボールホルダーに相対した選手がコースの切り方なり身体の向きをちゃんと意識しているのが見て取れるのに対して、日本の選手はそこが希薄のシーンが多い。
こういうのはジュニア世代からの基礎基本の部類で、ま、言ってしまうなら、日本全国各地で年齢の低い段階からサッカーを伝え普及しておられる方々の努力と頑張りに頭が下がるものの、だけどそういうことを伝える知識やスキルは無いんだもんな、、、といったところだ。
2つめに、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグを見ていても(ピッチ全体をフィールドプレーヤー10人でカバー仕切れないことは至極当然のことであり)埋めていないスペースがある(出来ている)ものの、そこへのケアやカバーやプレスバックが行き届いていること。
これがJリーグの試合では、ボッカリとスペースを空けてしまっているだけ、、、になってしまう。
この差はあまりに大きいというか絶望的なほどのものを感じさせられる。
3つめに、その選手に何人も行くことないだろう…っていう所に行ってしまう。そうすると当然近くのエリアが空く(スカスカになる)わけで、昨夜の試合でもそこを突かれて楽々とゴラッソを決められたシーンもあった。
あれくらいスペースとコースと時間があれば、今日の日本人選手ならゴラッソくらい決められる。
関連して、その選手ってソコからは基本的にクロスしか無いんんだから、1人が行ってシュートコースは塞ぐ、後はイイ状態でクロスは打たせない、、、という応対をすればイイのに、何でもかんでも封じようとしてしまう、、、しかも人数かけて、、、ってこともあるなぁ。要は、相手(の技術やスキルや能力を)見て応対するってことが不足している。

こういうのは技術とかの話ではなく、あるいは戦術とかの話でもなく、スキルって言えばスキルに含まれるかもしれないが、もっと言うならばスキル以前のリテラシーの範疇のハナシだと思われるわけで。
そこはなぁ、、、現状クラス(現在の次元)でいくら指導者が頑張っても努力しても、選手たちにしみついては行かない部分だよなぁ、、、と。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ