伊東純也のスタッド・ランスは上位進出を争うレンヌに完敗。

先週末のリーグ・アン。スタッド・ランスはアウェイでレンヌと対戦。
この一戦に勝てば、レンヌ、リヨンと勝点で並び、リーグ・アンは4位がヨーロッパリーグ、5位がカンファレンスリーグ出場権獲得となるが、そこに迫ることができる重要な一戦。
ところが序盤からレンヌの速い出足、動き出しとボールの動かしにスタッド・ランスはついて行けず、、、10分も経たないうちに失点。さらに10分後に追加失点。
レンヌの4-3-3システムは両サイドバックは高い位置を取り、前線は完全に3トップで構え、最終ラインは2枚のセンターバックの間にアンカーが落ちてビルドアップ。選手間のバランスと動き出しがよく、引くところは人数かけて引いて、凄く見事とまでは思わないんだが、日本人監督とコーチングスタッフではこういうシステムはやれないんだろうなぁ、、、と。

いいところ無しのスタッド・ランスはは後半立ち上がりに3枚替えを敢行し、3バックのフォーメーションに変え、前線はバログンと伊東純也の2トップの形に。
だがちょっと機能してたとは言い難く、、、伊東純也は前半は右サイドで密着マークされてイイ形でボールを持てず、後半は2トップの一角というけれども全体的にシステムと役割が不明確かつ整理されてなく、ほぼ終始この試合では力を発揮できないまま75分過ぎに交替となった。
ま、こういう試合もあるか…というところではあるが、スタッド・ランスとしては来シーズンのヨーロッパでの戦いは遠のいたかな、、、と。
それだけ痛い敗戦ではあった。

【伊東純也先発出場!|レンヌ×スタッド・ランス|ハイライト】スタッド・ランスはレンヌにアウェーで完敗|リーグアン第31節|2022-23
https://www.youtube.com/watch?v=geIOS_INN8Ykoh

しかしこの両チームともゴールキーパーが、素晴らしいとまでは言わないが日本人ゴールキーパーでは無理なレベルのパフォーマンスで、リーグ・アンのみならずイングランド・プレミアリーグを見ていても、どこもゴールキーパーのセービング能力が高いっすなぁ。。。

なお、冬の移籍市場でストラスブールに移籍した鈴木唯人がようやく初出場(リーグ・アンにデビュー)して、いきなりメッシばり(?)のゴールを決めて話題になっております。

ストラスブールは降格圏内、、、残り試合に鈴木唯人の貢献で残留できたらイイんだけどな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ