堂安、守備でもイイところを見せ、幸先よく開幕戦でゴール。

フライブルクのブンデスリーガ開幕戦は、アウェイでのアウクスブルク戦。
堂安は先週のカップ戦1回戦に続き、4-2-3-1の2列め右でスタメン。
堂安、今シーズン初公式戦のカップ戦で直接フリーキックを捻じ込んで決勝ゴール。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4444
アグレッシブなテンポの攻防の中、序盤から味方とのサンドでボールを奪ったりするシーンもあり、守備でもイイところを見せたんではないか。
相手サイドバックとのタッチライン際の攻防にも一歩を引かず、ガシガシとアクティブなパフォーマンス。中にも入って来てアタッキングサードでの攻撃の仕上げにも顔を出し、チームの主軸としての期待も持てる。


試合の方は、後半に4ゴールを奪ったフライブルクがアウェイで快勝。堂安のゴールは3-0とリードしてからのダメ押し点。開幕戦でゴールとは、勝負がほぼ決した後のゴールだったとしても、幸先よいスタートなんじゃないか。
その直後に交替だったんで、ギリでいいタイミングでの今シーズンのブンデスリーガ初ゴールだったな。
今シーズンのブンデスリーガは香川が居た頃のようにワクワクできる、、、と言った人がいるが、そうかもなぁ。
板倉も、ホームで先制された試合で同点ゴールをアシストしたし。。。
ところで、ケガからの回復が長引いている冨安だが、セカンドチーム(U-21)の試合(マンチェスター・ユナイテッドU-21戦)で45分間プレーをしたそうだ。
なんとかコンディションを取り戻して欲しいもの。
ところで昨夜、TBSのバラエティ番組にメッシ、ネイマール、セルヒオ・ラモスが出演していたが(毎度のアレ…)3人ともに感心させられたのは、キックの強さと正確さ、そして何より微調整能力、修正能力、変化への対応能力の高さだな。
それもスタジオで、完全にオフのモードで、ウォーミングアップもロクにせずに、だよ。
あの域に日本人選手も到達してから、世界ガ~…などと口にすべきじゃないか的なことが、頭をよぎったりした次第。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

 2023年09月 

Total Ranking

  1. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。
    (2023.01.30)
  2. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。
    (2022.12.08)
  3. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。
    (2022.12.10)
  4. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。
    (2023.05.17)
  5. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?
    (2022.12.24)
  6. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)
    (2022.12.06)
  7. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。
    (2022.12.06)
  8. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…
    (2023.06.25)
  9. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。
    (2023.08.15)
  10. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…
    (2022.12.14)
  11. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。
    (2023.08.20)
  12. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…
    (2022.12.03)
  13. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。
    (2023.06.29)
  14. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…
    (2023.07.21)
  15. これは世界に衝撃。日本、スペインに逆転勝ちでまさかのグループ1位突破。
    (2022.12.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ