三笘、スタートは左ウイングバック、後半から2トップの一角。終盤にアシスト。

この試合に勝てばレギュラーシーズン1位が確定するユニオン・サンジロワーズ。
日本から戻って来たばかりの三笘はスタメン。毎度の左ウイングバック。
アウェイのユニオン・サンジロワーズが、三笘のドリブリングの仕掛けで得たコーナーキックから先制するが、スタンダール・リエージュが追いついて1-1で後半へ。
三笘は守備でも攻撃でも、中に入るシーンが結構多く、そういう動きをしてイイとコーチングされてきたのかもしれない。逆にこれまでは、左サイドでのプレーエリアを基本的に維持するように言われていなんではないかと推測。
後半キックオフ時から、三笘が(サンジロワーズフォーメーションは変わらず)2トップの一角に。
最前線で2トップの形の位置取りをすることもあれば、シャドーの位置取りをすることもあったり、前半は三笘の左サイドの突破に対して相当警戒していたスタンダール・リエージュへの対応か、それとも三笘により幅広いプレーエリアを与えようとしているのか、どっちだろう、、、と思いつつ視聴。


三笘が出てくるまでは左ウイングバックのレギュラーだったラプッサンをこの試合では2トップの一角で起用しており、三笘とラプッサンを入れ替えた形。
ま、ラプッサンはとても重宝されていて中盤センターでプレーしたりトップで起用したりもするんだが、大型でチームにとっては大事な選手だが、イマジネーションや緻密性、あるいは技術面ではちょっとアレではある。でも、どのチームでも使い勝手のよい選手。
なので、前半の三笘が左サイドで窮屈なプレーになっていたので、また、三笘のゴールに迫る技術と能力を生かすべく、ポジションを入れ替えたのかもしれない。
ユニオン・サンジロワーズは勝ち越し点点をなかなか奪えなかったが、コーナーキックからニアでフリックしたボールをヘッドで合わせて遂に勝ち越し。
さらに三笘が左サイドへの味方のスルーパスを相手ディフェンダーがカットしたところをかっさらってドリブリング、得意の切り返しから(オーストラリア戦のように)フィニッシュか…と思いきや、中央を駆け上がって来た味方にラストパス、、、これをキッチリ沈めて追加点。
ここで三笘はお役御免。
3-1でタイムアップ。サンジロワーズはレギュラーシーズン最終節を残して1位が確定した。
ただしベルギーリーグはこれで終わりでなく、続いて上位プレーオフがある。レギュラーシーズン1位から6位の6チームでホーム&アウェイを戦うというレギュレーション。
2位のクラブ・ブルージュとは勝点差「5」に縮まっていたので、結構(レギュラーシーズンの勝点を半分に計算されるため)勝点差の詰まった状況でのプレーオフ10試合となる。
というわけなので、ユニオン・サンジロワーズの「リーグ優勝」は安泰とは言えない感じかな。このところ勢いが落ちているし。
ま、折角なんでこのままリーグ優勝を成し遂げて欲しいところだ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031      

 2024年07月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  6. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  7. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. Jリーグ、2026年上半期「0.5シーズン」は新大会(?)(2024.05.09)
  10. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  11. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  12. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  13. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  14. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  15. 何故にアジアカップはユーロと同様6月開催じゃないのかって???(2024.01.03)
  16. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  17. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  20. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ