ACL…名古屋グランパス、2度リードされて嫌な展開も、アゲアゲとなる逆転勝利。

ACLは Round16。西地区の試合も配信してくれるDAZNはエライ(笑)
さて、日本勢はまず名古屋グランパスがホームにテグFCを迎えた一戦から。6月のグループステージでの川崎フロンターレとの2度の対戦でも、攻撃力あるところを見せたテグは、Kリーグで一番強いんじゃないかという声も聞くくらい、、、ま、そう単純ではないんだが。
そのテグにキックオフ早々、やや深めに守備網を敷いていたグランパスに対して、そこから打ちますかぁ…というミドルをゴール隅に沈められて、まさかの先制を許すスタート。


それに対してグランパスも、日本のチームらしい攻撃、コンビネーションで、左に寄せてからのラストパスで夏に加入したシュヴィルツォクがフィニッシュして同点に。
ところがその後、テグのアーリークロスにセンターバック2枚の間に入られてヘッドを合わされて再びリードを許してします。
やや様子見の体のように入った(?)ようなグランパスの守備は、テグにスペースを与える形になってしまい、攻撃回数自体は多くはないが、攻撃に転じると必ずフィニッシュまで行きそうな(Jリーグの試合より大きくボールを動かす)テグの攻撃と得点力ある2トップに危ない印象で前半1-2で終了。
グランパスは後半立ち上がりから、中盤センター1枚と左サイドを選手交替。それが効を奏したか、左サイドでコンビネーションでの崩しからのクロスをシュヴィルツォクがヘッドで沈めて同点。
さらに左サイド深いエリアで、相手ボールをシュヴィルツォクがが奪い返してやや角度のない位置から(中の味方に目線は送ったものの)そのまま自らファーへ突き刺して逆転。
シュヴィルツォクの気合の入ったハットトリックのお陰で、グランパスが完全に主導権を握る。
その後、左からのコーナーキックをニアでフリーになった中谷がヘッドで合わせて追加点。
テグは前半のような攻撃や鋭さやプレスは影を潜め、反撃しようと前へ選手が出て来はするんだがバラバラで、グランパスに脅威を与えるには至らず。4-2でグランパスが逆転、快勝という結果となった。
まぁ、こういう勝ち方はアゲアゲになりますよね。
ただ毎度のことだが守備について、Jリーグでの戦い方と国際試合での戦い方を切り替えないと、この試合序盤のように失点も決定機も与えてしまう。
そこの感覚を取り戻す(フィットさせる)のに、間が空くとどうにも時間を要してしまうのが日本のチームの課題だ。
それと、これも毎度のことなんだが、アジアを勝ち上がるにはこの日のシュヴィルツォクのように、スーパーな外国人アタッカーの1人で決めてしまってくれちゃう超絶フィニッシュが不可欠。
これも毎度毎度のことなんだなぁ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031      

 2024年07月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  6. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  7. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. Jリーグ、2026年上半期「0.5シーズン」は新大会(?)(2024.05.09)
  10. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  11. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  12. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  13. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  14. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  15. 何故にアジアカップはユーロと同様6月開催じゃないのかって???(2024.01.03)
  16. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  17. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  20. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ