今夜、ワールドカップ・アジア最終予選初戦。

冨安は移籍手続きで来ておらず(カタールにも来ないんじゃないか)守田は間に合わず、その上さらに板倉は(日本に戻ってきたのに)離脱ということで、代わりにガンバ大阪の昌子を呼んだそうだ。昌子は昨夜のルヴァンカップにフル出場してるんだが。(昌子のJリーグでのプレーを見て呼んでんのかよ、、、っていう声があるのかナイショだ…)
ま、大阪入りしてるんで近場だから…っすかね。
こうなると今夜の試合のセンターバックは、吉田麻也と植田直道で行くしかないわけで。まぁ、中山もセンターバックができることにはなっているが。


今さらながらに何故にサイドバックを6人も呼んでるんだ、、、というハナシにはなりますね。
それから南野もトレーニングに参加していないらしいが、今夜の試合は南野抜きなんだろうか。
2列めの選手は豊富だが、1トップは大迫をスタメン起用したとして、シャドーが鎌田で左は誰を起用するんだ。古橋?? 古橋は大迫のサブで置いておくとしたら、堂安なのか久保建英なのか、実は豊富でもなかったりして。。。
それは中盤センターにも言えることで、スタメンは遠藤航と柴崎岳の2枚なんだろうが、守田は居ないし、中山が中盤センターもできるって??? はぁ~ なんなら原口も居るってか???
なんか、選手は豊富だと思っていたら、先頃のオリンピックと同じような感じになってますね。これが森保監督の選手選考、、、ってことかね。
なお、今夜の対戦相手のオマーンは1ヶ月間もキャンプを張って準備してきているそうだ。
スポーツ系でないメディアでもまた、ワールドカップ・アジア最終予選のアウェイ戦に民放撤退とかヘッドラインを付けられているんだが、正確な情報を擦り込むってことが相変わらずできないのかね、日本のフットボール界。
常軌を逸した放映権料の爆上げがあるわけだろ。それは裏を返せば、それだけのビッグビジネスのネタであり、日本側に国際競争力が無いってことだろ。そういう方向に思考させないと。
もっともヘッドラインに、日本代表人気に陰り…などとも付けられて、そこは確かにそうだ。そもそもナショナルチームが爆人気っていう方が異常なわけで。そんなん日本だけですよ。
昨夜からDAZNでヨーロッパ予選の配信が始まっており、我々は大いに楽しませていただいているんだけどな。
DAZN番組表
https://www.dazn.com/ja-JP/news/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC/dazn%E7%95%AA%E7%B5%84%E8%A1%A8%E7%9B%B4%E8%BF%91%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%94%BE%E9%80%81%E9%85%8D%E4%BF%A1%E4%BA%88%E5%AE%9A/1uxw3k8qaxijy159y2mb83jj9l

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031      

 2024年07月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  6. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  7. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. Jリーグ、2026年上半期「0.5シーズン」は新大会(?)(2024.05.09)
  10. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  11. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  12. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  13. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  14. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  15. 何故にアジアカップはユーロと同様6月開催じゃないのかって???(2024.01.03)
  16. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  17. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  20. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ