堂安、フィジカルの強さで相手をはね飛ばし随所で違いを出すプレー。

ビーレフェルトはホームでヘルタ・ベルリンと対戦。堂安は4-4-2の中盤右サイド。ひと頃、中盤センターで起用されていたが、最近は右サイド。
なお、遠藤航がデュエル勝利数でブンデスリーガ1位ということだが、実は堂安も4位らしい。
この試合でもデュエルで何度も相手を交わし、圧巻は後半、右サイドで相手選手2人に潰しに来られながら、間を割って入ってはね飛ばし、角度の無い位置から強烈なショットを放ったシーンと、右から中央にカットインして左足でファーポストを巻くように放ったシュートがポストを叩いたシーンか。


特に後者はポストの内側を叩いており、あと10センチでも曲がっていればポストに跳ね返ったボールがマウスの中に転がり込んでいただろう。。。
ま、ビーレフェルトの中で上手くコンビネーションが取れているとはやや言い難い感じもするが、明らかに変化やアクセントをもたらしており、チームやコーチングスタッフとしては満足しているようだし、このプレーで行くんだろうな。
左利きの堂安だが、右サイドから右足でクロスを入れるようになっている点は、とてもよいことだろう。左利きの選手を右サイドに置く意図はカットインしての左足シュート…ってことはわかっているが、縦に突破しないんじゃハナシにならんし、縦に行って右足でクロスを入れられないんじゃぁ、これも十分ではない。その点、ヴァージョンアップしておるんじゃないだろうか。
ま、あとは数字だよな。それは本人がよくわかっていることだろう。
この試合も、堂安のポストを叩くシュートの後、味方選手がクロスのこぼれを反転シュートで豪快に突き刺したゴールが決勝点となったが、こういうところで堂安が決めるようになれば、ビーレフェルトでプレーする選手ではないだろう。
今シーズン残り半分で、できるだけ多くのゴールを積み上げたいところだろう。
この試合の勝利で、ビーレフェルトは降格圏を脱出することに成功。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  11. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  20. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ