AFC(アジアサッカー連盟)のポイント制度が今後変わっていき、ACL出場枠に影響。

ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の出場枠は、周知のとおりAFC(アジアサッカー連盟)が設けているポイント制度による獲得ポイントでもって振り分けられており、そのポイント制度は現在、代表戦(ナショナルチームの国際試合)が30%、クラブチームの国際試合が70%。来年(2017年シーズン)のACL出場枠については、中国に抜かれそうではあったんだが、最後に代表戦のポイントがモノをいって、現行の最高水準(「3」+「1」の「4」)を維持することができた。
ところが今後、このポイント制度が変更されていくことになっている。

具体的には、2019年と2020年のACL出場枠については、2015~2018年の戦績が対象となり、さらに、代表戦のポイント比率は10%に下げられ、クラブチームのポイント比率が90%になる。
今年とか昨年のACLでの戦績が振るわなかったので(特に今年はベスト8に1つも残れなかった…)2019・20年のACL出場枠における影響が懸念される。
先日のメディアブリーフィングでJリーグチェアマンが言及していたとおり、来年(と再来年)のACLで相当ポイントを獲得する必要がある。
また、2021・22年のACL出場枠については、2017~2020年が対象となり、代表戦のポイント比率は0(ゼロ)になる。クラブチームの国際試合のポイントだけ。

…という風に、AFCのポイント制度が今後変わっていく。

巨額な(DAZNとの)Jリーグ放映権契約締結によってJリーグ優勝賞金が増加し、それによってクラブはますますACLよりJリーグに力を入れることになるんだろう…的な見方もなさる向きが多いんだが、ACLで戦績が振るわないと、こういう風にACL出場枠の問題(「2」+「2」の「4」になる可能性)が出て来るという次第。プレーオフを戦わなくてはならないクラブが現行の1クラブか2クラブになるだけだろ、、、って言ってしまえば、まぁそうなんだが。

明後日セミファイナルを行われる天皇杯もACL出場権がかかっており、リーグ年間順位が4位だったガンバ大阪はクオーターファイナルで敗退したが、鹿島アントラーズか川崎フロンターレのどちらかが天皇杯で優勝すると、ガンバ大阪のACL出場が決まる。プレーオフからの出場だが。
大勢としては、ガンバ大阪にACL出場をして欲しいんだと思うが、どうもガンバ大阪の試合を見ていると、来シーズンは相当危険そうでもあるんだが。。。それについては、またいずれ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  11. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  20. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ